日本フードサービス学会 > 活動内容 > 日本フードサービス学会の活動について

日本フードサービス学会の活動について


現在、日本フードサービス学会は次のような委員会を編成して各種活動を行なっています。

委員会 委員長 現職
年次大会実行委員会 小川美香子 東京海洋大学 准教授
編集委員会 小林 哲 大阪市立大学 教授
研究委員会 伊藤 匡美  東京国際大学 教授
研究助成委員会 小泉 徹 首都大学東京 教授
産学連携委員会 横川 潤 文教大学 教授

 

年次大会実行委員会

毎年1回(通常5月に)開催される年次大会の企画・運営を行ないます。各年の年次大会終了後間もなく、翌年の年次大会に向けての準備が始まります。実行委員会では多くの会員諸氏が自発的に委員として参加してくださることを期待しています。
 

編集委員会

日本フードサービス学会年報の編集発行、同年報に掲載される応募論文・投稿記事の査読、会報RECIPE(今後は季刊誌となる予定)の編集発行などを行ないます。

刊行物のご案内
 

研究委員会

会員がそれぞれのテーマを持ち寄り自由に討議・懇談ができる場として、研究部会を定期的に(原則として毎月1回)開催しています。
 

研究委員会

日本フードサービス学会と日本フードサービス協会が協同で創設した研究助成制度に基づき、助成研究の公募、審査を行います。

 

産学連携委員会

日本フードサービス協会の各種委員会と連携し、業界の抱える課題について知識を共有し、研究を進めます。2018年度からは、主に大学生を対象とするビジネスアイデアコンテスト『外食インカレ2018』を、日本フードサービス協会と共同開催しています。
研究発表図書刊行研究助成表彰制度